リスニングパワーtoeic(by スコットペリー)が英語バイリンガルプログラムである理由

リスニングパワーの開発者、スコットペリーはどんな人?

リスニングパワーはハリウッドで活躍する俳優、女優さんもその効果に感動している革命的な英会話教育プログラムです。

 

そんなリスニングパワーの独自プログラムの英会話教材は、テレビや雑誌などでも紹介されていて、口コミなどで話題になっています。

 

その革命的な勉強方法は、毎日、20〜30分、CDの教材を聞くことから始まります。

 

聞くだけでリスニング力が飛躍的に向上するようになってるんですね。

 

 


<スコットペリーから発音指導を受けた生徒さんたちです。>



 

 

 

リスニング能力を高めることにより、英語のフレーズをきちんと聞き取ることが出来るようになることで、何を言っているのかわかるようになると思います。

 

そして、今度はそれを発音してみる・・・より正しい発音で・・・

 

リスニングパワーでトレーニングすることによって、よりネイティブな英語ペラペラになることも夢ではありませんね。

 



 

スコットペリー

まずは、そんなリスニングパワーを開発したスコットペリーについてご紹介します。

 

スコット・ペリー先生は米国の言語学者で、また、日本でも15年間、英語を教えていました。

 

そして、日本の生活では普段使われず、日本語では存在しない英会話ならではの音をヒアリングで日本人に吸収できるかどうかと、常に研究していたようです。

 

言語学者でもあり、英語の教育者でもあったスコット先生の長年の経験と知識、そして研究の成果がリスニングパワーの画期的なプログラムのベースになっているのです。

 

 

そしてスコット先生は、他の言語学者や、語学講師、サウンドエンジニア、医学博士などの協力も受け、このリスニングパワーのプログラムを完成させました。

 

スコットペリーが考案したリスニング教材、リスニングパワーは、非常に評価も高く、海外で活躍する日本の役者さんや、芸能人などにも人気で、より実践的な現場で多く愛用している方がいます

 

スコットペリーは、非常に多くの方に感謝されている先生でもあり研究者だと言えますね。

 

実際に使用者からも感動の声が多く上がっています。

リスニングパワーが英語バイリンガル育成プログラムである理由

リスニングパワー

リスニングパワーは、画期的な英会話教材です。

 

日本人の生活では聞くことの出来ない、英会話の音、英語にしかない発音の音の聞き取り、そういった、英語圏の国で生まれた人が自然に身についていくリスニング能力を身につけることができるんです。

 

リスニングパワーの英会話教材は今までのリスニングの教育にはない革命的な英語バイリンガル育成プログラムが取り込まれています。

 

この英語バイリンガル育成プログラムは、リスニングパワーの開発者でもあり、言語学者、そして英語の指導者のスコットペリー先生の、15年以上にも渡る経験と研究がベースとなっています。

 

スコットペリー先生は英会話を指導する際、まず英語を聞き取る能力、リスニング能力を指導することにより日本人に英語を体に染み込ませることから始めていたようです。

 

 

そして彼は「日本人は、英語の周波数を聞き取れるようにならなければ、5年経っても10年経ってもいつまで経っても英語を聞き取れるようにならない」という事実に気付いたのです。

 

なぜならば、

 

日本語の最高周波数が1500ヘルツ

 

英語の最低周波数は、最低でも2000ヘルツ

 

つまり、日本語と英語では周波数において全く交わるところがなく、私達日本人が英語をスムーズに聞き取り出来るようになるには、英語の周波数を聞き取ることが出来ることが前提になるのです。

 

 

 

 

リスニングパワーは、スコット先生の研究の成果でもあるプログラムを、より効果的にするため、他の言語学者、医学博士、サウンドエンジニアなどとも協力し、完成されたものになりました。

 

リスニングパワーの効果

 

ただのリスニング教材というわけではなく、英会話の音を特殊な周波数にあわせて伝達することで、聞き取るだけでスラスラと頭に入り、学習できるというものなんですよね。

 

これは、アメリカの言語習得に関する最先端の理論に基づいたもので、最も効果的な英会話教材を意識するリスニングパワーは英語バイリンガル育成プログラムである理由でもあるんです。

 

リスニングパワーのCDを聞いているだけで、英語がどんどん理解できるようになる。

 

これは、実証されていることです。

 


DVDや洋画が字幕無しで分かるようになると楽しいですよね!


数時ヵ月後、あなたもそうなっていることを祈っています。